グルコサミンは口から摂取しても意味が無いって本当?

グルコサミンは口から摂取しても意味が無いって本当?

グルコサミンと聞くと、コンドロイチンと関節痛を連想される方は多いのではないでしょうか。

 

膝や関節の痛みを軽減するという、グルコサミン配合のサプリが有名ですものね。

 

以前は高齢者専用というイメージのあったグルコサミンですが、近年は若い女性のスキンケアアイテムとしても人気があります。

 

でも、グルコサミンがどんなものなのかは、意外と知られていないようですね。

 

グルコサミンとはムコ多糖で、アミノ酸の一種です。

 

ムコ多糖とは、水分をたっぷりと含む粘液状の物質です。

 

関節にある軟骨部分には、このムコ多糖が多く含まれているため、関節部にグルコサミンを投与する事で、運動や加齢で減ってしまった軟骨部のムコ多糖を補い、骨のひっかかりや神経の圧迫を防ぎ、関節痛を軽減すると言われています。

 

医療の現場では、実際に関節部に注射器などでグルコサミンを直接注入するという治療方法もとられているんですよ。

 

でも、食品やサプリなどで口から摂取しても、残念ながらすり減ってしまった軟骨を修復するだけの力はありません。

 

グルコサミンサプリには軟骨を修復するだけの力はないとは言っても、全く効果が無いという訳ではないんですよ。

 

ヒアルロン酸の1.3倍の保水力を持つ、美容成分として注目されているプロテオグリカンは、グルコサミンとは切れない関係にあります。

 

プロテオグリカンを作るのにはグルコサミンが必要です。

 

骨の分解作用を抑える働きや、水分を蓄える働きのあるコンドロイチンは、プロテオグリカンの中に存在する物質です。

 

グルコサミンを摂取することでプロテオグリカンの生成量が増え、骨を守り、肌や軟骨部に潤いを与えることになりますね。

 

グルコサミンは患部に直接注射する程の早さはないものの、口から摂取してもちゃんと体に潤いを与える作用があるんですよ。

しっかりとグルコサミンを摂取する

 

ある程度の年齢になると、体のさまざまな部分に異変が生じるようになります。

 

たとえば、膝などの関節の痛みが強くなることがあります。

 

関節の痛みに対処するためには、グルコサミンを摂取することが重要だと言われています。

 

関節が痛くなってくるのは、軟骨がすり減ってしまうことが大きな原因なのです。

 

そのため、すり減った軟骨をしっかりと再生させることが求められます。

 

軟骨再生に役立つのがグルコサミンです。

 

グルコサミンは、甲殻類に多く含まれている成分です。

 

たとえば、カニやエビを挙げることができます。

 

しかし、甲殻類を多く食べればよいのかというと、そうではありません。

 

甲殻類を食べることは大切ですが、それだけでは不十分なのです。

 

甲殻類に含まれているグルコサミンだけでは、十分な量を摂取することができません。

 

サプリメントを飲むようにして、きちんと補うようにしなければならないのです。

 

サプリメントを飲み慣れていない場合、どのようなサプリメントが良いのかを判断するのが難しいことがあります。

 

そのため、口コミなどの情報を参考にしながら選ぶようにすることが大切です。

 

多くの人が飲んでいるサプリメントは良質なものが中心となっていて、安心して飲むことができます。